日本が”問題先進国”になった真の理由とは何か?

止むことなき自然災害と歴史に翻弄され、あらゆる社会問題が表面化する”問題先進国日本”。日本は人類の危機の最先端に立っている。だからこそ、日本は人類のために目覚めなければならない。

究極の美しさとは?

人間は、どれくらい美しくなれるのか?

 

美しさとは何だろうか?

 

人間の究極は、どういう人間になることなのだろうか?

 

人間の理想とは何なのだろうか?

 

人間は、何なのだろうか?

 

人間は、どこから来て、どこに向かっているのだろうか?

 

「人間とは何か?」という問いかけを

 

いつの間にか、しなくなってから、どれくらいたつのだろうか?

 

なぜ、「人間とは何か?」という問いをしなくなったのか?

 

それは、諦めだ。分かるはずがないという諦めだ。

 

答えを見つけるきっかけがつかめない。

 

どこから考えたらよいかの分からない。

 

感覚で掴もうとしても、はっきりしない。

 

明確にはならない。はっきりしない。

 

分かったところで、どうやって伝えるのだ?

 

論理で掴もうとしても、論理の出発点が分からない。

 

出発点が分からなければ、論理はあらぬ方向に向かうしかない。

 

論理だけでは出発できないのだ。

 

人間の本来の美しさとは何だろうか?

 

ほんとうは、美しさそのものが人間なんだ。

 

個を維持している、種を維持していく

 

生命の美しさもあるけれど、

 

精神の美しさは、人間だけにしかできないもの。

 

人間の精神の究極の美しさとは、

 

個体を越えた、生命種を越えたものなんだ。

 

全てを覆い、包むもの。

 

物質も、光も、エネルギーも、全てを越えて、

 

覆い、包むもの。

 

エネルギーの振動を生み出している、究極の動きそのもの。

 

意志そのもの。可能性そのもの。

 

認識不可能な動きが、全ての可能性の源泉になっている。

 

そこから生まれたものは、一瞬の幻。二度とないホログラム。

 

全く同じ素材から、無限の仮想現実が生まれている。

 

無限のエネルギーが物質化して、3次元の色・模様・形になる宇宙の奇跡。

 

その宇宙は、一人一人の意識が織りなす宇宙なんだ。

 

これからは、その一人一人の宇宙を融合していける時代が到来する。

 

宇宙を生み出し、宇宙を融合する。

 

これからの人類の辿る道は、美しさの創造だ。

 

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

個人を抑圧する組織から個人を進化させる組織に変えるためにはどうしたらよいのか?

かつて、ネアンデルタールを始め、さまざまな種類の原人・旧人類が誕生しました。

 

その中で、唯一生き残ったのが、現在のホモ・サピエンスです。

 

狩猟採取時代。そこでは、動物との戦いの歴史だした。

 

動物との戦いが終了して、世の中の王者になった後は、

 

秩序を維持発展させる方法が問題となりました。

 

それは家庭や民族が、血筋というDNAで秩序を保とうとするのか、

 

伝統文化が、生活スタイルを使って秩序を保とうとするのか。

 

宗教が、神を使って秩序を保とうとするのか。

 

経済が、お金を使って秩序を保とうとするのか。

 

個人を抑圧する全体主義では、秩序が保てなくなって、

 

市民革命が勃発。個人主義が台頭して、民主主義が生まれました。

 

しかし個人主義は、孤独を生みました。

 

民主主義も、選挙の時だけです。

 

自由主義では激しい格差を生みました。

 

全てが限界になってきています。

 

全体主義でもだめ、個人主義でもだめです。

 

ほんとうの民主主義が育っていないです。。

 

これは、組織集団の問題です。

 

これまでの秩序維持発展方式が限界なんですね。

 

組織集団の次元が上昇されなければならないでしょう。

 

どうしたらよいのでしょうか?

 

そのヒントが、ティール組織です。

『ティール組織』



体に例えれば、全体にとって、もしも暴走して勝手に増殖する細胞があれば、

 

それは”癌”と呼びますね。

 

しかし、手は生き生きと文句を言わずに活動しますね。

 

手が手で、勝手に動いたりせずに、

 

全身と一体となっていながら、独自の機能を発揮します。

 

なぜ、手が勝手な動きをしないのかと言えば、

 

どこに向かえばよいのか、何をすればよいのかという

 

意志が通っているからですね。

 

意志が通っていないとバラバラになってしまいます。

 

個人個人が勝手な意志で動いてしまえば、組織は崩壊です。

 

個人を大切にしながらも、勝手にならないようにするのが組織ですね。

 

全体主義では、個人がない状態だったのですが、

 

個人主義では、秩序をどうしたらよいのかという問題が発生したのです。

 

個人の違い、個人の特徴を組織として生かす方法があるのです。

 

個人が生かされる、活かされる組織ですね。

 

全体が個人の特徴を花開かせて、個人の特徴がシナジーを起して

 

新しい価値が生み出される組織です。

 

つまり、個人と全体の融合がテーマになります。

 

関係主義であり、共同体主義ですね。

 

そのポイントは、意志疎通です。

 

意志疎通のスピードと効率が高度化されていたならば、

 

意思決定は容易いのです。

 

ところが、高スピードで高効率な意志疎通を阻害している問題が

 

まだ解決されていません。

 

その問題が、「観点の問題」なんですね。

 

観点の問題は、脳が全体を完全に認識できないところから生まれます。

 

この問題がクリアされない限り、

 

ティール組織は、絵に画いた餅のままになってしまいます。

 

だから、ティール組織を実現するための急所をクリアさせるのが、

 

nTech認識技術なんですね。

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

人類の宿命から自由になる方法とは?

人間の脳で数えれば、宇宙が生まれてから138億年が経過している。

 

しかし、宇宙は発展し続けている。

 

宇宙の法則に基づいて発展し続けている。

 

全体が破壊されていない。

 

素晴らしい仕組みだ。

 

その宇宙の発展に基づいて、

 

銀河も、太陽系も、この地球も、

 

発展し続けてきた。

 

人間の脳で言えば45億年前に地球が誕生して、

 

生命の細胞が生まれた。

 

地球は生命の星となり、

 

人類が生まれ、

 

ホモサピエンスだけが生き残って、

 

他の人類は滅亡して、現在に至る。

 

人類は、火を発見して道具となし、

 

言語が開発されて、集団で敵と戦うことが可能となった。

 

これにより人類は、他の動物を圧倒して、地上の王者となった。

 

しかし、問題は解決していない。

 

地上の王者となり人類の歴史が始まったが、

 

精神はそのままなのだ。

 

動物と戦うモードから変わってない。

 

これからは、戦うのではなく、人類同士が愛し合う時代なのに。

 

戦う脳から変化していないのだ。

 

これは、人類が辿ってきた宿命とも呼べるものである。

 

では、愛し合うためにはどうしたらよいのか?

 

それは、これまでの脳の特徴であった、

 

「認識の癖、認識の限界」を乗り越える必要がある。

 

それは、生命レベルで発達してきた脳を越えて行くことでもある。

 

自らの生命の宿命を越えていくことになる。

 

脳の認識の癖、認識の限界を乗り越える技術が

 

誕生した。それが認識技術nTechといってよい。

 

これは、人類の福音だと思う。

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

人間に変化を起こすためにはどうしたらよいか?

人は、どうして変われないのか?

 

それは、変わることが怖いから。

 

なぜ怖いのか?

 

それは、どこからどこに変わっていくのかを正確に知らないから。

 

今が、どのような状態でいるのかを知らない。

 

これから、どんなところに向かって変化していけばよいのかを知らない。

 

ほんとうは、変化したい。

 

心の奥底では、叫んでいる。

 

「私は、こんなもんじゃない!」

 

だから変化したくて、変化したくてたまらないのだ。

 

それを認めてしまおう!

 

こころは、変化を渇望している!

 

何が問題なのかを知らないから、

 

規定ができないから、

 

怖くなる。

 

確かなものを求めたくなる。

 

だから感覚に頼ったり、

 

過去に頼ったり、

 

何かのイメージに頼ったり、

 

宗教に頼ったり、

 

他人に頼ったり、

 

強いものに頼ったり、

 

自然な感覚に頼ったり………。

 

何かに頼りたくなるのだ。

 

でも、確かなものは、

 

見えている世界にはない。

 

なぜならば、それは相対世界だから。

 

気持ちは、何かに頼りたくなる。

 

でも、ほんとうは頼るべきものは実はない。

 

なのに気持ちは頼りたくなる。

 

脳に負けるか!

 

これからは、脳に負けない教育が必要です。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

自分がすべきことを理解するためには?

私は、何をしたらよいのか?

 

私は、何をすべきなのか?

 

誰もが、それを知らない。

 

そのために、モデルを探そうとする。

 

そのモデルは、どこにいるのか?

 

誰がモデルかもわからない。

 

誰をモデルにしたらよいのかを知らない。

 

どのように判断したらよいのかも分からない。

 

だから、とりあえず周りを見渡し、周りの真似をする。

 

周りの人が、こう言っているから、

 

親が言っているから、昔からそうだから、

 

先生が言っているから、社長が言っているから………。

 

その親は、その先生は、その社長は、その方々は、

 

では、どのような判断基準で、そのようなことをしているのだろうか?

 

そのまた親か、そのまた先生か、昔のどこかの社長だろうか、

 

あるいは政治家か?

 

その方々は、ではどのような判断基準で、

 

それが正しいと思っているのだろうか?

 

正しさは、相対的ではないか。

 

周りの世界に絶対というものがない。

 

見えているものは、みんな相対の世界だ。

 

根拠はないけど、相性がよさそうな考えを

 

取ってきて、それを現実に当てはめたりしていた。

 

尊敬している人が言っているから、それを信じている。

 

でも、この考えている言語自体が、借り物だ。

 

借り物を使って、考えているではないか。

 

この状態では、自分が何をしたらよいのか、何をすべきなのか

 

を理解することができない。

 

しかも、この借り物は、

 

それぞれの個人のイメージが乗っかっている。

 

人によって異なるものだ。

 

だから、これを伝達することができない。

 

不立文字。ことばで真理を表現できない。

 

借り物であり、仮想のものであり、幻想にすぎないのだ。

 

ならば、真理はどこにあるのだろうか?

 

5感覚のセンサーで掴める世界は、架空の世界。

 

脳のイリュージョンだ。

 

真理とは、イリュージョンを全て消した世界。

 

イリュージョンを観察する主体だけがある。

 

この主体から脳のイリュージョンを再設計して、

 

自ら生み出していくことができる。

 

それを可能にする技術がnTech認識技術だ。

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

今までにない社会を創造するためには?

人間と人間は、集団を創ろうとする。

 

人間は、人間に出会っていく。

 

それは、パートナーを見つけるためだ。

 

なぜパートナーを見つけようとするのか?

 

それは組織集団を創るためだ。

 

人類の歴史は、組織集団の進化の歴史でもある。

 

では、これまでの進化と、これからの進化の違いは何か?

 

これまでの進化とは、どんな進化だったのか?

 

これからは、どのように進化する必要があるのか?

 

過去の進化を正確に定義できれば、

 

未来への変化を生み出すことができる。

 

過去の進化とはなんだったのか?

 

まだ起きていない変化とは何なのだろうか?

 

この発見は、今後の人類の方向性を決めていく発見だ。

 

これを発見してしまった人がいるのに驚く。

 

新しい概念だから、既存の言語で正確な表現が不可能だが、

 

その方は、日本語で”観点”と表現されていた。

 

それは、後で教えていただいた”イメージ言語”を使うことによって、

 

その概念の理解ができるようになった。

 

この概念の発見とそれを理解できるイメージ言語の開発は、

 

人類にとっても、そして根源的な何かにとっても

 

恩恵であると思う。

 

この概念を活用応用して、

 

パートナー、組織、集団を創っていくことで、

 

今までにない社会が創造できるだろう。

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

魂の叫びは何のためにあるのか?

世の中には、怒っている人をよく見かける。

 

衝動的な暴力がすごい。

 

イライラしている。

 

思い通りにならないからか。

 

ワクワクウキウキ、スッキリしていない。

 

頭の中の考えはグルグルと終わりなく、

 

感情のコントロールも自分ではどうしようもできない。

 

「ほんとの自分は、こんなんじゃない!」

 

こころの叫び声が聞こえる。

 

「こんなはずはない!」

 

「自分をここから出してくれ!」

 

こんな叫び声がこだまする。

 

怒りのやり場がなくて、

 

周りを攻撃するか、

 

自分を攻撃するか、

 

組織を攻撃するか。

 

無意識に攻撃を繰り返す。

 

ギャンブルに走るのか?

 

セックスに狂うのか?

 

酒に溺れるのか?

 

金の亡者になるのか?

 

グルメを貪るのか?

 

そうして地獄であることを胡麻化している。

 

逃れられるのなら、逃れない。

 

人間は、どうしたらよいのか?

 

自分に向き合い、地獄に向き合い、

 

本当の自分に出会う必要がある。

 

その出会いは、人類の希望なのだ。

 

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。